スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
ご近所写真って・・・w
うめめ時間つぶしに入った本屋の新刊売り場で惹かれた写真集。「うめめ」。(と、いってもさほど新刊ではないらしいですが)
ウメカヨさんのご近所写真ワールドにどっぷりはまりましたw
ありふれた日常の写真なのに、プッと笑える瞬間をうまく撮っていて、1枚1枚がとっても楽しい。
この瞬間の前後を想像してしまう魅力もあって、写真家ってすごい…と、当たり前のことを感じさせる一冊でした。

【写真展リアルタイムレポート】梅佳代「シャッターチャンス祭り」


【追記】11月23日
唯一毎回購読している雑誌、「カメラ日和」
11月20日発売のカメラ日和10号に、ウメカヨさんのインタビューが!!
なんてタイムリー♪
|book | comments(0) | trackbacks(1)
意外にツライ妊婦
わたしがあなたを選びました妊娠がわかり、とにかく慌しく、気分もすぐれない毎日です。
あ、気分がすぐれないのは、軽いつわりと偏頭痛のせいであって、精神的な問題ではないですのでw

そんな時、去年出産した友人から1冊の本を頂きました。
妊婦の間じゃ、結構有名な本だから…といってわざわざ持ってきてくれて…。

早速読んでみた。
翻訳された本かと思う程の独特の文章で、お腹の中の子供の視点から語られる短文が、ジーンとくる、あったかい本でした。
この本をプレゼントしてくれた、彼女の気持ちも、また暖かくて、うれしかった。

|book | comments(0) | trackbacks(0)
読書熱
容疑者Xの献身本屋へ頻繁に通うのに、ごそっとまとめて数冊買っちゃって、気分が乗るまで積読。
それが、最近一気にストックを消化しました。
やはり秋だからなのか、私のなかで高まる読書熱!

今日は、帰りのバス車内で(今ごろ)「容疑者Xの献身」を読みましたが、ラスト付近は読むのを止められないけど、涙も止められず、ズルズルになりながらページをめくるアヤシイ私。
今日ほど帽子被ってて良かった…と実感したことはありませんでした。

マイベストムービーが「仕立て屋の恋」という私にとって、帯読んだだけで、ど真ん中のストレートだとは思ってましたが、想像以上に良かった。
「髪が薄くなり始めた、さえない、偏屈おじさんが恋に落ちて、彼女に関する罪を被る」という大まかな骨組みはほぼ一緒。
あとは、トリックという話を盛り上げるオプションは付いているものの、結局は「純愛」の物語であり、「恋」というよりは「無償の愛」のお話。

秋って、こういう少し切ないような感動を味わうに最適の季節だなぁ。
サスペンスものに狙いをつけて読んでいたけど、今度は恋愛ものを探しに行こう♪

|book | comments(0) | trackbacks(0)

6月生まれはアジサイ。アジサイは移り気。なるほど、熱しやすく冷めやすい、ウツリギな女のニッキ
*CALENDAR*
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

LINK
*PROFILE*