<< 箸置き | main | 父の日vsワールドカップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
座り続けるつらさ・・・
水曜日ということで、はりきって映画2本見てまいりました。
オシリがイタカッタよ。

どちらとも邦画で、「TRICK」と「嫌われ松子の一生」。

trickまずは、「TRICK」

マトリックス風に戦う上田教授やインチキ宗教の「よろしくね」とか普通に面白くて、独自のコネタも見つけきれないほど多々あって、素直に楽しめました。
ただ、これで最後のTRICKだとすると、ちょっとラストが物足りなかったかな〜。
個人的には劇場版1のラストの方が良かった。あんなふうに少し恋愛を意識した流れで今後の二人の展開を予感させるラストを希望していたのに、今回は少しあっさりしすぎ。これで見納めになっちゃうのに、残念だよ。
それに、もっと矢部さん、ストーリーに絡ませて欲しかった・・・。スキキャラなのになぁ。
でも、最後の最後(字幕)まで楽しませるところはさすがデス。



kiraware次に「嫌われ松子の一生」

原作読んでないんですが、想像してたより、ずいぶん暗い物語でした。
それを中島監督が、独自のポップでテンポの良いミュージカル風に仕上げていて、さらっと悲劇が通り過ぎてく。
それでも、ラストに近づくにつれ、少し怖く感じたのは私だけなんでしょうか?
松子が死ぬシーンとか、ズシーンって重かった。
花やCGを多様したり、空の色を強めにしてたり、絵的にはとっても好きなんだけど、この原作のせいなのかな?素直に「面白かったね」とは言えなかったな・・・。

|映画 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://utsurigi.jugem.jp/trackback/11
嫌われ松子の一生/感想
2006年05月27日公開の中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介出演の映画「嫌われ松子の一生」を見ました。 重いものを貰ってしまうのでは、と思っていたのですが…なんだかよくわからないものを
| 映画★特典付き前売り券情報局 | 2006/06/16 8:15 PM |

6月生まれはアジサイ。アジサイは移り気。なるほど、熱しやすく冷めやすい、ウツリギな女のニッキ
*CALENDAR*
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

LINK
*PROFILE*