<< 気になる映画挿入歌 | main | 誕生日を迎えます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
親密すぎる・・・
高校生で「仕立て屋の恋」を見て切なくて号泣してからパトリス・ルコントのファンになりました。
今でも一番好きな映画です。

そのルコント監督最新作、「親密すぎるうちあけ話
親密すぎるうちあけ話
今回はハッピーエンドで笑えるシーンもあるようですが、恋する気持ちや喜びを思い出させてくれそうな、大いに期待しまくりの一本です。
ただし、上映映画館、かなり限られてますけどね・・・ぶー

半年程後に出るであろうDVD待ちですな、残念ながら・・・

予告でチラッとみた、アンナ役のサンドリーヌ・ボネールが首を指でなぞるシーン・・・ ああいうエロティックな描き方が絶妙!
仕立て屋の恋から15年・・・アリス役の頃とは違う、大人のボネールが見てみたいっ!!
|映画 | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://utsurigi.jugem.jp/trackback/15
親密すぎるうちあけ話
   パリにあるビルの6階に向かう一人の女性。  エレベーターに乗り込み、モニエ医師の診察室へと向かう彼女疲れた表情で、ドアをノックする。  女を出迎えた男は、予約をしていたという女性を部屋に招き入れ、椅子に座った彼女の話を聞
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/06/30 3:55 PM |
真・映画日記『親密すぎるうちあけ話』
9時頃起き、半には家を出る。 電車の中で日記を更新。 10時半頃に日比谷シャンテシネ近くに着くも 日記が残ってたので、 噴水前で書きあげる。 11時に映画館に入る。 見たところ客の年齢層が高い。 シルバー料金や夫婦50割り引きを使っていそうな人が多い。
| CHEAP THRILL | 2006/07/14 5:56 AM |
親密すぎるうちあけ話
本作『親密すぎるうちあけ話』は、2004年2月のベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された後、2月25日にフランス公開。「ルコントの最も素晴らしい作品」(プルミエール誌)など大絶賛され、04年8月からは全米公開。「ヒッチコックの最高作の精神を継承
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/08/22 12:40 AM |

6月生まれはアジサイ。アジサイは移り気。なるほど、熱しやすく冷めやすい、ウツリギな女のニッキ
*CALENDAR*
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

LINK
*PROFILE*